余語翠巌老師の御垂示 魚水を行く。余語老師の知人の若い夫人が癌の為に逝去された折、弔電に「花の散る実相それがかなしとぞ」とお悔やみもうしあげたことなど…続きは下記をご覧ください。