翠風講ニュースレター43号は2021年9月発行されました。

  • 目次
  • 翠風講目的              藤田彦三郎
  • 翠風講短信     総参拝と総会
  • 御垂示       禅戒抄より    余語翠巌
  • 寄稿文集 菅江真澄の足跡を訪ねる   菊地豊
  • 寄稿文集 日々断片          小松勝治
  • 紀行文集 「足るを知る」に考える   平井満夫
  • 禅の道                藤田彦三郎

1. 御垂示 禅戒抄より 余語翠巌老師

禅戒抄より禅というのはどういうことかというと、一大事因縁とかいろいろ説明かありますが、前々から申してきたように、この説明でいきますと、天地法界のいのちのことを言うのです。...

続きを読む

2. 寄稿文集 菅江真澄の足跡を訪ねる

寄稿文集 菅江真澄の足跡を訪ねる 菊地 豊菅江 真澄コロナ禍で移動が制限されている中、7月16日から22日まで私のふるさと秋田県八森(現八峰町)を旅してきました。...

続きを読む

3. 寄稿文集 日々断片 小松勝治

日々断片(その43)▼『四万六千日会の記』巡礼仲間のお誘いで多摩川三十四ヶ所観音霊場札所、第三十三番札所、JR南武線分倍河原駅下車で行く府中市片町二・四・一の高安寺に行っ...

続きを読む

4. 寄稿文集 「足るを知る」に考える 平井満夫

「足るを知る」に考える爪切ったゆびが十本ある。余語翆巌老師は提唱の中でよくこの句を話題にされたものである。爪を切っていると自分の指が、えも云われぬ微妙な動きをして仕事をし...

続きを読む

5. 寄稿文集 禅の道 藤田彦三郎

禅の道第161号四8・5・1末世に就いて御説明致します。末世とは末法の世と云ふ事で釈迦が入滅されてから数えて千年(或は五百年と云ふ人もあります)を正法の時代と云い次の千年...

続きを読む