嵐山・嵯峨野の旅 古川和子

麻暖簾垂れて静かに京菓子屋

舞妓乗せ走る力車や京薄暑

渡月橋前に昼餉の夏料理

桂川あをき急流梅雨晴間
大方丈まっすぐ通る夏燕  (天竜寺)

片蔭をひらふ嵯峨野や老姉妹

ふりかへる嵯峨野竹林風青し

泰山木一花弥勒は奥の蔵  (広隆寺)

D51やトロッコ駅の雲の峰

岩躑躅保津川下り難所越え

舟遊び潜る鉄橋赤錆びて

川涼し船頭二十歳(はたち)の掌に血豆

夏柳六角堂の臍の石

おみくじをだらり垂らして夏柳

コーヒーの香に駆け込むや京驟雨