禅の道 藤田彦三郎 まえがき

まえがき 平井 満夫

今回から連載で、翠風講の創立者兼初代講元の藤田彦三郎氏が書かれた「禅の道」から抜粋して転載することに致します。この原本は前々号(ニュースレター第三十二号)編集後記で紹介しましたように、藤田氏が「禅の道」と題して、昭和45年10月の第二号から昭和48年7月の第185号まで略毎週一号のペースで自筆で書かれたものです。B4のガリ版刷り一枚で一号になっており、これを二つ折りにして綴じた部厚いファイルになっております。

藤田さんは長い間総持寺の日曜参禅会で副会長をしておられましたから、おそらく、会の同僚の方々に配布しておられたのではないかと思われます。前講元の金成彦一氏も同参禅会に参加しておられたので、ファイルにされたのでしょう。これを私は講元を引き受けた時に同氏から預かりました。私が持っているのはこのファイルのみですので、果してこれ以降も続きがあったかどうかは定かではありません。

「禅の道」は信仰心の篤い藤田さんのお人柄が溢れ出るような、且つ深い教養に裏打ちされた極めて密度の濃い内容ですが、なにせこれを活字に直すのは容易なことではなく、今まで放置しておりました。また、大部なのでとても全部をご紹介することは出来ませんが、たとえその一部でもニュースレターの読者に読んで頂くことは意義のあることだと思い、始めることと致しました。内容的には道元禅師の教えを紹介した部分が中心にあることは言うまでもありませんが、同時に藤田さんが深く帰依しておられた浄土真宗の開祖親鸞聖人の教えについても多くのページを割いておられるのが特徴です。

生前の藤田さんを御存じ無い方々のために、藤田さんの略歴を簡単に紹介致します。藤田さんは大正元年(1912)のお生まれです。余語翠巖老師より数か月先輩とのことでした。少年時代を北海道旭川で過ごされ、長じて東京の明治薬学専門学校(現在の明治薬科大学―通称明薬)を卒業された薬剤師さんです。若い頃旭川で造り酒屋を営まれましたが、寒冷地のため醸造業は思うように行かず、後年は神奈川県茅ケ崎に居を移され薬局を経営されました。引退後は御長男が経営する川越病院という産院の一隅に御夫婦で住んでおられました。

明薬時代は相撲部で活躍されたそうです。「私は体が小さかったから横綱のふんどし担ぎだった」と謙遜しておられましたが、短躯ながらがっしりとして骨太の、みるからに頑健な方でした。仏教への造詣は大変深く、学生時代から総持寺に参禅しておられたそうです。茅ケ崎に移られてからは、総持寺の日曜参禅会に通われ長く副会長を務められました。その間総持寺の後堂であられた余語翠巖老師に深く傾倒され、老師が大雄山最乗寺の山主になられてからは最乗寺に足繁く通われ、昭和58年には翠風講を創立され講元を勤められました。残念なことに、藤田さんは癌のため昭和62年6月にお亡くなりになられました。享年76歳。没後数年の間は勤子未亡人が講元を引き継いでおられました。

藤田さんは商人の道を歩まれたからでしょう、物腰は低く礼儀正しく、言葉使いは丁寧でした。常に謙虚で慈愛に溢れ、誰からも親しまれるお人柄でした。斯く言う私も常々「藤田大和尚」とお慕い申し上げておりました。「文は人なり」と言いますが、これからお読み頂く「禅の道」にもそのお人柄がよく表われていると思います。

まえがきはこれくらいにして、早速「禅の道」第二号の転載に入りますが、これが事実上の第一号にも拘わらず、トップページには当時の参禅会長菰田康一氏の辨道投石録第332号が来て、敢えて「第二号」とされているところにも藤田さんの謙虚なお人柄が偲ばれるようです。続いて第四号までを転載致します。漢字仮名使い、句読点などは出来る限り原文のまま転記しました。