ブータンから考える 毎日が楽しくなる一言 1

水のないところに 橋を架けるな。義務のないところに 責任をとるな

ブータンの人たちは、身の丈にあった仕事ができればいいとかんがえています。このことわざは、「できもしないことに手を出して、無責任な結果におわってはいけないよ」という意味。
友達が難しい仕事を沢山抱え込んでこまっているとにに「そんなにむりするなよ」と相手を気遣うために使います。なんでも安請け合いすることは、いい結果を生みません。
引き受ける前に、自分にできることかどうか、立ち止まって考えてみることが大切です。

「ブータンの幸せの 日めくり」より